So-net無料ブログ作成
検索選択

萩田和秀 プロフェッショナル 仕事の流儀で見せるコウノドリの素顔とは?

人気漫画、コウノドリのモデルとなった荻田秀和のプロフェッショナルな素顔とは?



産婦人科医の活躍を描いた人気漫画、コウノドリ

ドラマ化までされたこの作品の主人公、鴻鳥(こうのとり)のモデルとなった

現役バリバリの産婦人科医、荻田和秀が、プロフェッショナル 仕事の流儀に

出演します。モデルにまでされた彼の素顔を調べてみました。


スポンサードリンク





荻田和秀がプロフェッショナルと呼ばれるまで



荻田和秀がコウノドリのモデルに抜擢されるまでの

簡単なプロフィールを紹介します。

彼は大阪市で生まれ香川医科大学を卒業し

大阪大学の産婦人科チーフを務めた経歴をお持ちのかたです。

そして現在では大阪府泉佐野市にある、りんくう総合医療センター

産婦人科部長として活躍しています。

その病院は総合病院なので重症の患者を受け入れることも

少なくなく、年間1000件もの出産を扱っているまさに激戦の病院で

彼は産婦人科部長として日夜戦っているそうです。

医者の仕事はハードなイメージがありますが

産婦人科もやはり凄くハードみたいですね。

妊婦にとってお産はいつ始まるかわかりませんから、

いつ緊急の呼び出しがかかるかわからないので、

休みなんてあって無いようなものだと思いますし、

死産や事故といったリスクも高くまた責任も重たいので

本当に覚悟を決めてプロフェッショナルとしてやらないと決して身が持たない

職業だと思います。

彼の父親も産婦人科医でしたが、その大変さを理解している為

息子が産婦人科医になることに乗り気ではなかったみたいです。

実際に、ここ数年の産婦人科医の減少は著しく

どんどん減ってきているみたいです。

この現状は日本産科婦人科学会が緊急提言を発表するほどの

深刻な事態です・・・

これから先どうなってしまうのでしょうか?

打開策として産婦人科医の過酷な労働環境を改善するための行動計画を

学会が目標として発表したので、是非ともこれをスムーズに

実現させて少しでも現状が良くなることをお祈りします。


スポンサードリンク





荻田和秀のもう一つの顔



彼がモデルとなった人気漫画、コウノドリの主人公には

産婦人科医でありながら、ジャズピアニストというもう一つの顔があります。

実在する荻田和秀も実は産婦人科医でありながらジャズピアニストという

まさに異色の医者なのです。

4歳から習っていたピアノの腕はまさに玄人の域で

本人も医学生時代にこのまま産婦人科医になるのか

音楽の道に進むのか本気で悩んだそうです。

そして現在は仕事の傍らで時々ライブを行うくらいの

趣味の範囲にとどめて産婦人科医の仕事に

情熱をもって全身全霊頑張っているそうです。

これからも産婦人科業界を担う若手の人達の規範となるような

プロフェッショナルな荻田和秀さんで在り続けていただきたいです。


スポンサードリンク










コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。