So-net無料ブログ作成
検索選択

海津市 ひき逃げの犯人の名前は?児童10人の列に突っ込み逃走!

犯人の名前や性格は?海津市のひき逃げの動機に迫る



岐阜県の海津市で登校中の

小学生児童10人の列に

乗用車が突っ込む事件が起きました

幸いにも死亡者はでていませんが、児童8人が

負傷するという結果になりました。

犯人は逃走後に身柄を確保され

殺人未遂容疑で逮捕する方針だということです。

名前や性格、犯行の動機は

どのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク





海津市 ひき逃げの犯人の名前や動機



今回海津市で起きた、ひき逃げについて

判明していることをまとめてみました。

犯行は6月30日午前7時半の登校時間

ブレーキの跡はなく縦列後方から突っ込む

犯人は逃走

約20分後に現場近くの駐車場で発見

自殺を図り刃物で腹部を刺す

60代の男性


これらの点が事件発生から

4日経った現在で明らかとなっています。

報道では60代の男性としてしか

伝えられておらず、未だに名前が明かされていませんが

なぜなのでしょうか?


今回の事件に関わらずマスコミ

実名報道する場合としない場合があります。

調べてみたところ実名報道を規制する法律は

存在しませんが、大まかな基準はあるみたいです。


実名報道を控える基準として

社会から過度に制裁を受け過ぎてしまう恐れがある場合

名誉棄損などで訴えられたら負ける場合

罪が確定してない容疑者の場合

未成年の場合

こういった点を考慮してそれぞれの報道機関は

公表するか判断しているそうです。


なぜこの60代の男性はこのような

事件を起こしたのでしょうか?

彼は逃走後に車内で自殺を図ったところを

警察に発見されています。

刃物で腹部を刺していたといいますが

最初から自殺するつもりで

刃物を持っていたのでしょうか?

現在は一命をとりとめ治療中で意識も

しっかりしているらしいですが

彼の身になにが起きたのでしょうか?

高齢者自動車事故で

よくアクセルとブレーキを間違えるといった

ことは聞きますが今回もそうなのでしょうか?


海津市 ひき逃げの犯人の罪状



海津市で起きたこのひき逃げの罪状ですが、

もしも本当に事故なら

過失運転致死傷罪

「7年以下の懲役もしくは禁錮又は100万円以下の罰金」

救護義務違反「ひき逃げ」

5年以下の懲役又は50万円以下の罰金「負傷の場合」


この2つの罪でしたが、警察は

犯人が回復次第、殺人未遂容疑で

逮捕する方針だと発表しています。

殺人未遂ですと

死刑又は無期懲役もしくは5年以上20年以下の

有期懲役の範囲で刑が科されます。

色々とややこしく減刑などもあったりしますが

罰金だけでは済まない刑罰になってきます。

スポンサードリンク





海津市のひき逃げのような犯人は今後増えるのか



海津市で起きた今回のひき逃げの

犯人のような人は今後増えるのでしょうか?

現在の日本は4人に1人が65歳以上という

高齢化社会です。おまけにこの不況ですから

老後のたくわえが無く、病気や孤独など

人生に悲観する老人たちもいると思います。

まだ名前もわからない、今回の犯人も

そんな1人で故意に事件を起こし

全てを終わらせようとしたのかもしれません。

恐ろしいかぎりですが

死人が出なくて本当に良かったです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク















 





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。