So-net無料ブログ作成
検索選択

龍ヶ崎 殺人事件!犯人の高校も特定され、これからどうなる?

高校も特定された犯人の今後は?龍ヶ崎 殺人事件



龍ヶ崎で42歳の女性を殺害し

川に遺棄したと言われている

今回のこの殺人事件の犯人ですが

すでに通学している高校も

判明しており、いったい彼は

これからどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク





龍ヶ崎 殺人事件の犯人の高校やプライベート



龍ヶ崎で起きたこの殺人事件ですが

犯人について高校の名前など

現時点で明らかになっている点をまとめます。


同県つくば市に住む茎崎高校2年生の少年(16)

成績優秀で大人しい真面目な子

通り魔的犯行

先の尖った凶器で数十か所刺す

傷は肺にまで達していたことから完全に殺害目的

声をかけずに背後から襲う

親と一緒に自首

食事も普通にとれて動揺もない


現時点だけでもこれらのことが

明らかになっていますし、

犯人の実名が特定されるのも

時間の問題だと思います。


龍ヶ崎 殺人事件の犯人はどんな裁きが下されるのか



今回この龍ヶ崎で起きた

見ず知らずの女性を背後から襲うという

卑劣で凄惨な殺人事件ですが

犯人はどのような裁きが下されるのでしょうか?


日本の少年法は現在に至るまで

色々と改正されてきました。

刑事処分ができる年齢も

14歳以上と以前に比べ引き下げられましたし

14歳~17歳の刑事処分の刑期の上限も

5年引き上げられました。

それでも17歳以下の場合は

18歳以上と比べて減刑され

死刑→無期刑

無期刑→10年以上20年以下の懲役

となっています。


18歳~19歳になると

刑罰自体は成年と変わりませんが

それでもまだ少年法が適用されています。

少年法が適用されている状態の裁判では

犯人の更生や社会復帰に一番重きを置いています。

なので通常の裁判より、

ずっと甘い判決が言い渡されることが

多いと言われています。


選挙権も18歳まで引き下げられたことも

ありますし、少年法も18歳以上には

適用しなくていいのでは?という声も

最近では多数あがっています。


今回の事件のケースでは

16歳ということなので

刑事処罰は免れることはありませんが

最高で通常なら死刑ですが少年法で減刑され

無期懲役という刑をうけます。


この無期懲役という処罰ですが

終身刑とはまた違い、だいたい平均的に

30年~35年そこらで仮釈放が認められるそうです。

刑期終了は死亡時ということみたいですが

保護観察付きとはいえ、少し恐ろしいですよね。


ですがいくら少年法で守られているにしろ

このネット社会で直ぐに身元が

特定され、誹謗中傷を受けてしまいます。

もう高校も特定されましたし、きっとこれから先

彼の家族も悲惨な目にあうことが容易に

想像できるのが少し残念です。

スポンサードリンク





龍ヶ崎 殺人事件の犯人の今後



龍ヶ崎 殺人事件の犯人は

これからどうなるのでしょうか?

高校も特定され時間の問題で

実名や顔写真もネットで広まると思います。

自首してきたということもあり少年法も適用され

そこまで重い刑にはならないと思います。


今回の事件で、おそらくは親も職を

失うと思いますし、誹謗中傷も多くなって

引っ越しもやむを得ないと思います。

ですが人1人の命を奪ったことから

当然の報いだとは思います。

本当に残念です。

被害者のご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク










コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。