So-net無料ブログ作成
検索選択

岡田有希子の真相はマネージャーだけが知っていた?闇に葬られたアイドルの真実

マネージャーは消された?岡田有希子の自殺の真相とは!



12月2日放送予定の「爆報!THEフライデー」で

当時トップアイドルだった岡田有希子さんの自殺の真相を事務所の元専務が真相を告白します。

はたしてこの元専務は真実を述べているのでしょうか?

全てを知っていたと思われる今は亡きマネージャーの身に何がおこったのでしょうか?

調べてみました。


スポンサードリンク





岡田有希子の自殺の真相とマネージャーの関係



今から30年前の1986年

当時数々の新人賞レースを総なめにし、日本レコード大賞最優秀新人賞も受賞。

松田聖子(54)が作詞した「くちびるNetwork」で

初のオリコン1位を獲得し名実ともにトップアイドルだった岡田有希子さんが自ら命を絶ちました。

享年18歳。

その早すぎる死に誰もがショックと疑問を抱き、ファンの間では後追い自殺もおき社会現象とまでなりました。

いったい彼女の身に何がおきたのでしょうか?


事件は1986年4月8日におきました。

彼女は自宅のマンションでリストカットを行い、その上でガス自殺を図りました。

ガス臭さに気づいた住民のおかげで、なんとか一命をとりとめ大事には至らなかったのですが彼女の終わりにしたいという願望はなくなることはありませんでした。

その後、所属事務所のビルに戻った彼女は付き人の一瞬のスキをつき屋上にあがり飛び降りてしまいました。

原因は何だったのでしょうか?

本人の遺書にも似た日記が発見され

その中にはMという男性と恋が上手くいってないと書かれていたそうです。

このMですが諸説あり

峰岸徹さんという説や神田正樹さんという説があります。

そして事件はこれだけで終わりませんでした。

なんと彼女のマネージャーも彼女の後を追うように2000年に自ら命を絶っています。

それも彼女が生前最後に使用したと言われるトイレの個室の中で。

マネージャーの溝口伸郎ですが

彼は2000年当時、結婚もしており仕事も家庭も順調だったと言われています。

糖尿病になってしまっていたくらいです。

なぜ彼女の死から10年以上たってから後を追ったのでしょうか?

そもそも本当に自殺なのでしょうか?

岡田有希子さんの場合は

うつ病を以前から発症していたという情報もありますし

一度リストカットをしてガス自殺未遂もしていますから

自ら飛び降りたのも不思議ではありません。

一度本気で死のうと考えた人は

なかなか死への欲求に勝てないとも言われます。

よくタナトスに魅入られるとも言ったりします。

今回放送の「爆報!THEフライデー」で少しは真相が明らかになるのでしょうか?

それとも事務所はウソの情報で隠蔽するのでしょうか?


スポンサードリンク





岡田有希子、マネージャーの他にもある不可解な事件



岡田有希子さんやマネージャー以外にも

芸能界ではさまざまな人が不可解な謎を残し自ら命を絶っています。

上原美優さん、藤圭子さん

hideさん、沖田浩之さん

などなど他にも多くの人が謎の残る最期を遂げています。

特に上原美優さんのケースでは

遺書はなかったのですが

解読不明の文字で殴り書きされたメモが自殺直後に見つかっておりネット上では凄く話題になりました。

多くの人に見せたい姿だけを見せる芸能界には

色々と大人の事情や闇が多いのかもしれません。

どれも真相は謎のままですが

本人や残された家族を考えると悲しくなってきますね。


最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。