So-net無料ブログ作成
検索選択

大谷翔平 海外の反応は?最新の情報!アメリカは受け入れてくれるのか?

最新!大谷翔平のアメリカや海外の反応は?



日本プロ野球界で最も将来を期待されている

と言っても過言ではない大谷翔平さんですが

日ハムが来オフにポスティングシステムによって

メジャー挑戦することを容認しました。

彼はアメリカでも通用するのでしょうか?

向こうでの最新の評判や海外の反応を調べてみました。


スポンサードリンク





大谷翔平、アメリカや海外の反応



今回メジャー挑戦が容認され

本人も俄然乗り気な大谷翔平さんですが

アメリカや海外の反応はどのようなものなのでしょうか?

彼と言えば今回のパCSファイナルステージでは

自身の最速記録も更新し日本最速記録でもある球速165㎞を記録したことが話題になりました。

ちなみに世界最速はチャップマンの169㎞です。

165㎞でも凄いのに変化球のフォークでなんと151㎞を記録しました。

この一連の彼のピッチングについてアメリカや海外ではこんな声があがっています。

日本語に訳してご紹介します。

「素晴らしい!」

「狂ってる
今日バッターとしても出て打点上げて、仕上げまでやりやがったか」

「大谷はマジでリアルに化け物、こんな完璧なやつっているか?」

「フォークで151㎞!?」

「スーパースター」

「これは夢ではないよ」

「怪物だわ」

「大谷は1人漫画の世界に住んでるなww」

「彼はどこの星の出身者なの?」

「おいおいカブスよ、頼むからこいつを獲ってくれよ」

「いいや、すぐにドジャースに来てくれ、すぐにだ。」

「ごめんよ、ちょっと彼をニューヨークに連れていくよ」

「彼こそメジャーにふさわしい。ヤンキースが彼を獲得するよ」

「日本球界からやってくるラストサムライだな」

などなどあげればキリがないほどの賞賛の声で溢れています。


スポンサードリンク





はたして彼はメジャーに行ったとして活躍することができるのでしょうか?

現在メジャーでは

上原浩治さん、ダルビッシュ有さん

田中将大さん、前田健太さんなどが投手として活躍しています。

みなさん活躍されていて人気もあります。

大谷翔平さんは現在でも素晴らしい選手ですがまだ若くて伸びしろも十分だと思うので

向こうに行ったら海外の諸先輩方から学び更に成長して野球を盛り上げてくれるのではないでしょうか。

ただ怪我だけが心配です。

彼は打席にも立つ二刀流ですし

打つ時は左打ちで、投げる時は右投げですから

デッドボールになった時に右腕や右手に当たる可能性が高いのでそこが恐いですよね。

他にもあれだけの剛速球を投げるのですから肘への負担も大きいと思います。

ダルビッシュ有さんも怪我で一時休養し

今でこそ復帰出来ていますが、トミー・ジョン手術という失敗する確率が少なくない肘の手術を受けています。

上原浩治さんや田中将大さんもメジャーで故障してしまいましたし

藤川球児さん、和田毅さん、田澤純一さんも故障してしまっています。

過去の例からもわかるように

メジャーでの日本人投手の怪我の割合はかなり高いと言われています。

日米間の登板期間の差や学生時代の投げすぎが原因だとか

球速の問題だとか色々な議論がありますが

大谷翔平さんには是非とも怪我をしないように

本人も球団側も気を付けていただきたいと切に願います。

アメリカや海外の反応も良く、べた褒めで期待されている

彼の今後に私も期待しています。


最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク














コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。