So-net無料ブログ作成
検索選択

福島でガス爆発!事件の犯人は?民家半壊の大爆発の真相とは?

福島で民家半壊のガス爆発!事件の犯人はどんな人?



12月6日午前0時過ぎ

福島の住宅街が密集する民家で

大規模なガス爆発が発生しました。

いったい何がおきたのでしょうか?

事件の犯人はどのような人物なのでしょうか?

調べてみました。


スポンサードリンク





福島 ガス爆発の全容と事件の犯人



福島の住宅地でおきたこのガス爆発ですが

午前0時過ぎという深夜におきました。

この事件で民家1軒が半壊し

壁が大きく壊れ屋根がめくれ、、周辺の民家6、7軒の窓ガラスが割れるなどの被害がでました。

この民家に住む60代の男性と隣家に住む男性が病院に搬送されたそうです。


いったい何がおきたのでしょうか?

近隣の住民によると

「爆弾が落ちたかと思うような音と、突き上げるような揺れを感じた。火事にならなくて良かった」

「ドーンというすごい音がした。びっくりした」

他にもガス漏れの警報がなっていたという証言が確認されています。

犯人はこの民家に住む

60代の男性なのでしょうか?

単なるガスの閉め忘れで事件ではなく事故なのでしょうか?


ガスによる爆発は恐ろしいもので

1970年4月8日の夕方に発生した

天六ガス爆発事故という死者79名、重軽傷者420名という最悪の事故がありました。

この事故の原因は地下鉄の工事現場でガス中圧菅から突然都市ガスが噴出し構内に充満し、車のエンジンの火花により炎上。

その時集まっていた多くの野次馬を巻き込み大爆発をおこしました。

火柱は10メートルにも及び

付近の民家に燃え移り、路面両側の街区を延焼2170㎡を焼き尽くしたそうです。

他にも

1980年におきた静岡駅前地下街爆発事故が有名です。

この事故でも15人が死亡、223人が負傷する大惨事となりました。

今回の福島でおきたガス爆発の原因は何なのでしょうか?

後半はそのことについて調べてみました。


スポンサードリンク





福島のガス爆発は震災が原因だった?



今回、福島でおきたガス爆発の事件ですが

原因は震災が影響しているのでは?という声もあります。

過去に東日本大震災の3日後

盛岡の市街地にあるデパート「中三」地下1階の食品・日用雑貨品売り場でガス爆発がおきました。

事件発生の前にガス警報器は異常を示していましましたが業者も異常の原因を特定できないまま時だけが過ぎ、このような不幸な事故がおきてしまいました。


阪神大震災直後もこのような事故はおきてガスによる一酸化中毒での被害者が出ています。

このように屋外の道路の地下で都市ガスのパイプが壊れ、

そこから漏れたガスが土中で脱臭され

臭いもなく近くの建物の内部に侵入してきて事故に至ることはあるそうです。


今回はどのようなことが原因なのでしょうか?

民家に住む60代の男性が犯人で意図的に爆発させたのでしょうか?

どちらにしろ死亡者がでないことを祈ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。


追記

病院に搬送された2人は命に別状なく、事故の真相は

60代の男性がガスコンロでお湯を沸かして一度止めて再び沸かそうとしたら爆発したそうです。

事件や大事にならなくて本当によかったです。


スポンサードリンク






コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。