So-net無料ブログ作成
検索選択

黒沢健一 脳腫瘍の恐ろしさと彼が最期にみた光景とは?

脳腫瘍は黒沢健一をどう変えた?早すぎる死の実態とは?



12月5日午前3時52分

シンガーソングライターの黒沢健一さんがお亡くなりになられました。

病名は脳腫瘍です。

享年48歳。

その早すぎる死と脳腫瘍の実態について調べてみました。

彼が最期にみた光景とはどんなものだったのでしょうか?


スポンサードリンク





黒沢健一を襲った脳腫瘍



黒沢健一さんですが

今の若い世代の方にはあまり知名度がないかもしれませんが

L⇔Rのボーカル・ギターとして活躍しておられ

熱狂的なファンも多く音楽的才能に溢れた素晴らしい方だと言われています。

そんな彼ですが

2016年の10月3日に自身のホームページにおいて

脳腫瘍のことを明かし療養に入っておられました。

彼が自身の異変に気づいたのは

一年前の2015年の時でした。

Billboad Liveでのコンサートのリハーサルをしている最中にめまいを覚え、病院で検査して発覚したそうです。


彼の命を奪った脳腫瘍とはどのような病気なのでしょうか?

この脳腫瘍ですが

大きく分けると2種類あるらしく

他の臓器からのガン細胞が転移してくる転移性脳腫瘍と

脳組織自体から発生する原発性脳腫瘍があるそうです。

黒沢健一さんの場合はおそらく原発性脳腫瘍だったと予想されます。

症状としては

頭痛やめまい、麻痺、しびれ、言葉がしゃべりにくい 

てんかん発作、精神障害など更に多くの症状がでてしまいます。

末期になると腫瘍が大きくなって脳を圧迫するので

脳圧が上がり脳がむくんでしまうという現象がおきます。

そうなると意識はあっても

突然、心停止や呼吸が止まってしまう危険性があるとのことです。

こんな恐ろしい脳腫瘍の原因ですが

日々のストレスや不規則な生活習慣、偏った栄養、遺伝などと言われたりもしますが

未だにはっきりとした原因は解明されていないみたいです。


スポンサードリンク





過去に脳腫瘍が原因でお亡くなりになられた有名人では

女優の岸田今日子さんや、

「がんと闘うアイドル」とも呼ばれた丸山夏鈴さんがいます。

海外ではあのボブ・マーリーさんもこの病気で命を落としています。

そしてこの病気は毎年12000人の人が発症しているとも言われています。

急に性格や人格が変わったと言われて

変に思った周囲が病院に行くのを勧めてみると脳に腫瘍が発見されたということもあるそうです。


オカルトめいた話でドッペルゲンガーというものがありますが

あれの正体は脳腫瘍が引き起こした現象ではないか?との説もあるそうです。

これは「オートスコピー」と言われるらしく

自分で自分の分身を見てしまう、脳に異常がある場合におこる現象だそうです。

だから自分のドッペルゲンガーと出会ったら死ぬというウワサが流れたのかもしれません。


黒沢健一が最期にみた光景



黒沢健一さんは

最期にどのような光景をみたのでしょうか?

脳腫瘍の患者の最期は意識がほとんどないケースでも

最期まで聴力だけは聞こえているそうで

ご家族が傍にいると呼吸が落ち着いたりするそうです

彼もご家族に看取られ眠るように息を引き取ったらしいので

穏やかな最期だったのでしょう。

まだ48歳という若さですし残念で仕方ありません。

心からご冥福をお祈りいたします。


スポンサードリンク







コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。