So-net無料ブログ作成
この世界の片隅に ブログトップ

この世界の片隅に 漫画(ネタバレあり)が凄い!こうの史代の世界観とは? [この世界の片隅に]

「この世界の片隅に」漫画原作の凄さと作者こうの史代とは?ネタバレ含む



映画公開も順調な滑り出しの

「この世界の片隅に」ですが

映画もさることながら原作の漫画も人々の心を掴んで離さないと話題となっています。

今回はそんな漫画原作の魅力と、

作者こうの史代の世界観について調べてみました。

多少のネタバレも含みます。


スポンサードリンク





「この世界の片隅に」原作、漫画の魅力



この漫画は月に2刊発売される青年漫画雑誌「漫画アクション」にてて2007年1月23日号 - 2009年1月20日号まで連載されていました。


そして現在では単行本として双葉社から上中下巻が発売されています。

『THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め』ベストテンではグランプリを獲得しています。

私自身恥ずかしながら映画かされて初めて知ったのですが、知る人ぞ知る名作だと評価の高い作品だったんですね。


ちなみにグランプリを獲得した年ですが、

後に映画化された作品が目白押しとなるまさに豊作の年だったみたいですね。

広瀬すずさん主演の「ちはやふる」や

榮倉奈々さん主演の「娚の一生」

西田敏行さん主演「星守る犬」といったそうそうたるメンツの中でのグランプリですからそれだけ評価が高かったということだと思います。


原作のストーリーですが映画版とほぼ変わらずに

主人公の「すず」という女性の日常を描いたものとなっています。

ざっくりのあらすじですが

すずが嫁いで嫁ぎ先の生活を必死で暮らしてそして時には大切な人を失いそれでも懸命に生きていくというお話です。


ざっくりすぎですかね笑

詳しいあらすじは私の別の記事にありますからそちらをご覧いただけると助かります。

映画では、すず達が戦争で苦しいながらも懸命に生活していく日常にフォーカスが当てられているいるとのこです。


またこの「すず」の声を担当した、のんさん(能年玲奈)がものすごくハマり役といいますからそこも見どころですね。

これが実写映像化でしたらあまり期待できないかもしれませんが、アニメーション映画化なので漫画に忠実に再現できると思うので原作ファンにとってはうれしい限りだと思います。


元に一度、日本テレビ系の終戦記念ドラマで実写で北川景子さん主演でやった時は賛否両論あったみたいですね。

なので今回は原作ファンもきっと納得いく内容となっていることだと思います!


スポンサードリンク





「この世界の片隅に」漫画の作者、こうの史代の世界観



この漫画の作者、こうの史代さんですがいったいどのような世界観の持ち主なのでしょうか?

彼女は「この世界の片隅に」を描くにあたってリアリティを追及したとらしいですね。

かといってリアルに描きすぎると読者の人が感情移入出来なくなってしまうからそこは気を付けるけど大前提としては「噓のない」作品を心掛けて徹底的に調べたそうです。


そして今回の作品では戦時中の普通の主婦の日常といった今までにないところにフォーカスしています。


調べるという行為もそうですが作品に全力を注ぎまるで我が子のように愛しておられることが伝わってくるようですね。


今後も彼女の作品に注目ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク








この世界の片隅に ネタバレと感想、映画界まれにみる異質さと特徴に驚愕!! [この世界の片隅に]

まるで異質な映画!この世界の片隅に ネタバレと感想からわかること



この世界の片隅に、とうとう公開されましたね。

この映画ですが知れば知るほどに

他の今までの作品とはまったく異質で素晴らしい特徴をいくつもある事がわかってきました。


多少のネタバレも含みますが

多くの方の感想も踏まえたうえでこの作品を紹介していこうと思います。


スポンサードリンク





この世界の片隅に、ネタバレと感想



物語の舞台は第二次世界大戦中の昭和20年の広島です。

主人公は「すず」という女の子でこの女性目線で物語は進んでいきます。

戦時中とはいえそこまでの悲惨さはなく

大変ながらも必死に暮らしている庶民の姿が表現されており、

そんな中「すず」もやがて大人になりお見合い結婚により嫁いでいきます。

当時は恋愛結婚よりも、

このようなお見合い結婚のほうが多かったらしいですね。

この作品の一つの見どころとして夫「周作」とのラブストーリーがあります。

結婚してからふつふつと恋愛感情が芽生えていく様が心温まるように表現されていますのでここも楽しみにしていてくださいね。


そして物語中盤では「すず」の幼馴染でありお互いに好意を感じていた「哲太」と再会します。

しかも夫の「周作」もなんとなく二人の絆に気づいてしまっています。

「周作」は戦争に行く事が決定してますから、もしかしたら死んでもう二度と会えないかもしれない。

そのとき「すず」は一人きりになってしまう。

こんな感じで切ないシーンもあったりするのでここも注目ですね。


物語は終盤を迎えるにつれて少しずつ不穏な空気になっていきます。

そしてとうとう身内から戦争による犠牲者がでてしまいます。

しかも「すず」の目の前でです。

その時に「すず」自身も利き腕を失ってしまいます。

しかしなにより辛いのは犠牲になるのが「すず」だったらよかったのにという声でした。

それでも時は過ぎやがて終戦を迎えます。

失ったものは大きく得たものはありませんでした。

ですがラストは暗いイメージではなくそれでも頑張って生きていこうと晴れやかに締めくくられます。


以上が大まかなストーリーですが、多くの方がこの映画を絶賛しています。

戦争というものは下手をすれば重くなりすぎるテーマですよね。


ですがこの作品は観終わった後に鬱な気分よりもむしろ晴れやかな頑張ろうという気分にさせてくれる作品だと多くの方が感想を述べています。


「それでも生きていく人々の強さ」と「それでも生きていかなければいけない人々の悲しさ」が同時に押し寄せてくる作品だとも言われています。


まさに一足先に大ヒットした「君の名は」を超える名作だとの声も多数あります。


日本では同じ戦時中を扱った作品として「火垂るの墓」がありますね。

「火垂るの墓」は救いのない結末になってしまったことで最初から観ることをためらう方もなかにはいたと思います。


ですが、この世界の片隅にではそういった意味でも戦争物が苦手な人でも抵抗なく観れるのではないでしょうか。


しかも現在イギリス、フランス、南米を始め世界14カ国での配給も決定しています。

海外の人達に新たな日本の逞しさや美しさが評価されるチャンスですね。

必ずや海外の人達の間でも不朽の名作として語り続けられるほどの作品だと私も思っています。


スポンサードリンク





今回はクラウドファンディングで製作費を集めたそうですが、総製作費はいったいいくらくらいかかっているのでしょうか。


4000万円近く集まったそうですが一般的なアニメ映画の製作費は5億円と言われています。

あの「君の名は」はおそらく7億円程度ではないかと予想されています。


ちなみに日本の歴代興行収入第1位の「千と千尋の神隠し」は製作費20億円だったと言われています。


深夜アニメでさえ30分作るのに1話当たり最低でも1000万円かかるそうです。


原画スタッフや撮影スタッフへの賃金支払いに加えて、それらを統括する監督や脚本、制作進行などへの賃金…そして声をあてる声優さんへのギャラといった音響面への支払いがあるそうですね。



予想以上にアニメってお金がかるものなんですね。

調べてみて私自身びっくりしました。


この世界の片隅に、ネタバレと感想のまとめ



ネタバレと感想のまとめですが

百聞は一見に如かずです。笑

ですが観られた方は口をそろえて良かったと言っているので絶対観て損はないと思います。


老若男女問わず愛される作品ですし観て晴れやかな気分になってください!


この世界の片隅に、超オススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク



















この世界の片隅に のん、の魅力と彼女の作品にかける執念とは!? [この世界の片隅に]

劇的復活!のんが見せた、この世界の片隅にかける執念



クラウドファンディングで4000万近く集め

満を持して公開されたアニメーション映画、この世界の片隅に。

主人公のすずという女性の声を務める

のんですが彼女の声はまさにハマり役だと絶賛されています。

彼女のこの映画における意気込みと執念はどのようなものだったのでしょうか?

調べてみました。


スポンサードリンク





この世界の片隅に、のんが魅せた意気込みと執念



のん、と言えば改名する前は能年玲奈として

あまちゃんで大ブレイクをはたし一躍知名度をあげましたが

それ以降はこれといった大活躍はせずに

一時期は洗脳騒動など、所属事務との揉め事などもあり

いつの間にか姿をみなくなっていましたね。

ですが今回この多くの方から実に3374人から出資をうけた超期待作の

この世界の片隅にの声優に大抜擢されたことで

華麗なる大復活を遂げました!

メガホンをとった片渕須直監督も彼女の仕事ぶりについて

「すごく完成度が高い。最もナチュラルに存在してくれて誇らしい」と

発言していますしTwitter上でも「制作側がホントに欲した声です。

そして、演じ手が「わたしが絶対にすずさんになるんだ」としがみついてくれた声です。

実現できています。 」と発言しています。

彼女にとってもこの映画にかける意気込みは本物で

役の気持ちを理解するため何度も何度も質問していたらしく

後にしつこかったですよねと反省しているほどです。

一方あまちゃんで共演した美保純さんからは

初の声優業ということを心配する声もあり

「普段、しゃべった時の感じが…、パフパフパフってしゃべるから」

と言っていましたが、今回は逆にそれが持ち味となり

誰にも真似できない仕事が出来たのかもしれませんね。


スポンサードリンク





ちなみに声優の世界は近年では非常に競争率が激しく

声優自体は数としてはだいたい1万人くらいいて

目指している人は30万人

そして実際に食べていける人はわずか300人程度という

実態らしいです。

やはり声だけの世界なので他の職業に比べると

2年くらい真剣に修行をつめばある程度のレベルまでは

みなさん到達するそうですが、そこからが大変らしいです。

才能や声の質、ルックスといった持って生まれた要素で

90%決まってしまうという厳しい業界らしいです。

今の時代では特にある程度人を惹きつけるような

ルックスは必要不可欠だと言われています。

その点で、のんは少し人と違う雰囲気が昔からありましたし

まさに声優に向いている天職なのかもしれません。

女優として知名度があるだけにどうしても

キャラクターと彼女が被ってしまうのが

一つだけ難点でしょうが今回の、この世界の片隅にでは

配役が決まる前の時点から監督は台本を彼女に合わせて

寄せていっていたと言っていましたから

こんなにもハマり役となって成功したのでしょう。


この世界の片隅には、のんによって君の名はを超える大ヒットになるのか



11月12日に公開された、この世界の片隅にですが

公開された映画館はわずか63館ながら動員ランキング10位といい

現在満席が続いているらしく順調に興行収入を伸ばしています。

果たして君の名はを超えるような大ヒットになるのでしょうか?

そして劇的復活を遂げた、のんはこれからも順調に

キャリアを積んでいくことができるのでしょうか?

今後に注目ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサードリンク












この世界の片隅に 映画の評価と感想は?あらすじと見どころに迫る! [この世界の片隅に]

話題の映画!この世界の片隅に 感想や評価を知って劇場に行こう!



11月12日に公開されたアニメーション映画

この世界の片隅に、が公開されましたが

公開された映画館がわずか63館に関わらず

週末の全国映画動員ランキングで見事10位にランクインを果たしました。

君の名は、を超えるかもしれない名作として

注目を集めているこの作品を鑑賞する前に

評価や感想、あらすじや見どころをチェックしておきましょう!

調べてみました。


スポンサードリンク





この世界の片隅に、映画の評価と感想



まずはこの映画の評価と感想の声をみてみましょう。

ちょっと調べてみるだけでも非常に多くの方が

この作品を絶賛していますから全部のコメントをご紹介することは

できませんが、みなさん凄く満足されていた事は伝わってきました。

なかでも目立ったのは前評判が良すぎるから、

あまのじゃく的な考えでどうせ面白くないと期待していた人も

実際に観てみると凄く感動したという意見が

ちらほらあって印象に残りました。

それと戦時中の一人の少女の日常が作中では表現されているのですが

戦時中ゆえの悲惨さを強調したりせず

観る人を泣かそう泣かそうしていない所も良くて

素直に笑って泣ける作品に仕上がっているそうです。

過去にこの作品の原作は2011年に

北川景子さん主演でドラマ化され2時間ドラマで放映されましたが、

この時の評判はあまりよくなく原作のファンが多いのもあってか

戦時のリアリティ感がなかったとか

CGがおそまつだったとか、配役ミスだとか

批判的なコメントが多かったらしいですね。

ドラマは好き嫌いがわかれる結果になってしまいましたが

原作が素晴らしいのはみなさん間違いないと言っていますし

今回のアニメーションではみなさん絶賛していますし

見事にその素晴らしさが表現できていると期待してよさそうですね。

この作品はクラウドファンディングによって製作費を

調達したという経緯もあり、目標額の2160万円は

わずか9日間で集まりそれを遥かに超えて

3900万円も最終的には集まりました。

それだけ沢山の人達がこの原作を映像化してほしいと思い

待ちに待った作品だったということが想像できます。

今年は他にも、君の名は、が大ヒットを記録し

現在では興行収入184億円を突破しています。

2016年は邦画奇跡の年とも早くも言われており

この世界の片隅に、もこれからどんどん有名になり

爆発的大ヒットを記録するのでしょうか?

ちなみに興行収入1位は2001年に公開された

千と千尋の神隠しの308億円です。

2位タイタニック・・・262億円

3位アナと雪の女王・・・254.8億円

4位ハリーポッターと賢者の石・・・203億円

5位ハウルの動く城・・・196億円

6位もののけ姫・・・193億円

さすがスタジオジブリというところでしょうか。


スポンサードリンク





この世界の片隅に、あらすじと見どころ



非常に多くの方からの絶賛の評価と感想をうけている

この映画ですが、いったいどんな内容なのでしょうか?

あらすじと見どころをザックリとまとめてみました。

ネタバレはしませんので安心してくださいね。

まず物語の舞台は昭和20年の広島、呉です。

主人公の「すず」という女性の物語です。

彼女の幼少期から、年頃になるとお嫁に行き

次第に恋に落ちていきその間も色々なことを経験し

そして成長していくという彼女の目から見た

当時の風景や人々が美しく表現されています。

そして彼女の一生がとても現実的にそれでいて時に幻想的な色調で

表現されていて戦争という重いテーマであるのですが

一人の女性の成長やさまざまな関わる人物の

心理描写など決してただ悲しいだけの作品ではなく

どこか心が洗われるような作品となっていますので

是非みなさん映画館に足をお運びくださいね。

配信期間はまだ未定らしいですが早くも

iTunesに登録されて予約ページもありますので

自宅にいながら観れる日もそう遠くないかもしれませんね。

この世界の片隅に、今後のヒットが楽しみです。


スポンサードリンク

















この世界の片隅に ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。